Clock End kitchen blog

いつも心にArsenal。Arsenalとともに過ごす毎日を綴ります。それだけじゃないけど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ心にはぽっかり穴が空いたままだけど…

今、久しぶりに朝からTVつけたらちょうどHenryのバルサでの会見やってたよ。
な~んか、顔引きつっててやたら表情固かったねぇ。

Arsenal will always be in my heart, my blood, my head.
(Arsenalはいつだって僕の心の中に、血の中に、頭の中にあるから。)
I will now become now an Arsenal fan and will be looking at every result.
(これからはArsenalファンになるし、全ての結果をチェックするよ。)

これはArsnealでの最後のインタビューでの言葉だけど、
うんうん、結果をチェックするHenryの姿はなんだか目に浮かぶ(笑)。

まぁ、そうだね。そうなんだろうね。信じるよ。うん、私は信じる。
じゃあこれからは同じArsnealファンとしてさ、また仲良くやっていこうじゃん。
それもそれで楽しいよ、きっと。
スポンサーサイト

コメント

 正直、アンリについては拍手で送り出しましたが、裏切ったという感は否めません。
 ディン副会長とヴェンゲルの去就についてと移籍話で語っていましたが、ならば、あれだけアーセナルについて語っていたことはなんだったのか。前々から考えていたならば、はっきり言えばいいものを。
 ただ、アンリを失ったからといって悲観的になる必要はまったくありません。むしろプラスに考えられるほうが多いと思います。アンリへの依存からの脱却や、チームプレーといった面は向上していくことでしょうし、アデバヨールにも、本来の自分のスタイルを確立してもらうためにもいいことでしょう。
 2003-04の黄金期を再現できるのは、アンリを失ったこれからだと思います。

  • 2007/06/27(水) 11:40:37 |
  • URL |
  • ber #MDo56pwE
  • [ 編集]

berさん

お返事がすっかり遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
結局昨シーズンもほとんどHenryなしで戦ったわけですから。大丈夫、Arsenalはこれからまた強くなりますね!

  • 2007/07/15(日) 21:49:06 |
  • URL |
  • AKI #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://clockend.blog5.fc2.com/tb.php/319-fea10626
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。