Clock End kitchen blog

いつも心にArsenal。Arsenalとともに過ごす毎日を綴ります。それだけじゃないけど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく追いついた!!

勝てればもっと良かったけど。

Tottenham 2-2 Arsenal (レポートはコチラ)

こっちはYoung Gunners、向こうはバリバリのトップメンバーだったけど、最初から互角というか、点取られもするだろうけど、こっちだっていくらでも取れそうな感じはあったっけ。

いちばん危なかったのは、仕方ないけどTraore。相手Lennonだし。完璧に振り切られ、置いてかれる場面が2~3度あったねぇ。まぁ、これもいい経験だ。
こうみるとHoyteは、かなり成長したかもね。あんなにダメ出ししてたけど、最近はなんかかわいいんだよね(笑)。最後のあのクロスもよかったし。
相変わらずSenderosは入りが悪いし…と思ってたら先制点はなんとToureのミス。
2点目のオウンゴールはしかたない。(でもその前のDenilsonのはあんなのファウルじゃないけどね)

でも前半終わった時点で、まだ点は取れると思ってたよ。(さすがに追いつこうとは思ってなかったけど。)
後半、ドラマはHlebとEboueが出てきてから。(Aliadiereも頑張ってたけどね。)

Hleb→Fab→Eboueと大きくサイドチェンジのあと(このFabのパスがまたうまかった!)、Eboueがお得意のクロス(笑)。これをBaptista→Theo→BaptistaでBaptistaがゴール!!
思ったんだけど、Eboueのこのお得意スーパークロスって、いい意味で"優しさ"がないよね(笑)。"容赦ない"っていうの?「取れんほうが悪いんだろ!」ってな勢いでさ。そりゃHenryもBaptistaも取らんわけにはいかんでしょ。あ、もちろん、いい意味なんだからね、これ(笑)。

そして同点ゴールはまたもFabから。Fabはホントにもう貫禄だね。この中入ると一人別格。うますぎ。あとはシュートだけ…何本打ってんのよ?(笑)
そのFabが真ん中あたりで、出すタイミング見計らいつつ、しばらくボールキープ。そしてHoyteの前が一瞬空くと、すかさずボールを出す。Hoyteのクロスもうまかった。そしてBaptista、オウンゴールの鬱憤を晴らす2点目!

ここまできたら勝ちたかったよね~。でもHlebがケガで交代しちゃって、最後はEboueも足痛そうだった。2人ともたいしたことないといいけれど。次は31日、今度はホーム。1-1引き分けでもいいんだもんね。行こうよ、このメンバーで、Finalに!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://clockend.blog5.fc2.com/tb.php/284-3439e760
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。