Clock End kitchen blog

いつも心にArsenal。Arsenalとともに過ごす毎日を綴ります。それだけじゃないけど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滑り込みセーフ

すでに決勝Tは始まってますが…

ご心配かけました(誰もしてないって?)Les Bleusも例のごとく、怪しく滑り込ませていただきました。
追い込まれないとやらない…これは国民性なんだろか?
2点とったところで、ヒュ~(汗)、いやいや、お疲れお疲れ…とでも言わんかのごとく、それまで久々に粋のいい攻撃してたっていうのに、あそこからピタリと足止めてきたからね、あの人たち。そんなことしてるから周りから反発食らうのよ。

え~と私、この日は前回も書いたように、所用があり(食事会だったんだけど)、オンタイムで見れませんでした。
ちょうど試合終了のころ、会も終わり、地下のレストランから上がってくる。ちらっと見えたバーのTVでは解説者たちが試合後の歓談中。アップになったのはDesailly(元フランス代表マルセル・デサイー)!Desaillyが笑ってる!ってことはこれ、イケてるってこと?そうなの?Desailly!!

一目散に帰宅し、何の情報も入れないまま、録画してあったビデオテープを巻き戻す(よかった、ちゃんと撮れてたみたい~)。
この日、ご存知の通り、Zidaneはいない。でもZidaneいなくてももう平気。見てよ、ほら。あんなに窮屈そうだったVieira、Henryが伸び伸び動けてる。これでいいんじゃないの?

ペースは完全にフランスにあるのに、なかなか点につながらない。なぜってRiberyがいけなさすぎ。何なのよ、え?もう帰ってもらって結構よっ(怒)。

と、突然画面が切り替わってしまう。そしてなぜかVieiraがゴールを決めている。

斜め後ろを振り返ると、リモコンを手にして主人、
「あれ?あっ、ゴメン。」そして画面はすぐまた元の状態に戻る。

「何、どうしたの?何よ、今の?」

「ゴメン、ゴメン。」と謝りつつも何かを悟ったような顔して半笑いの主人。

「何よ、何したのよ。」目の前の試合に集中しすぎてて何も悟れない私(&人の集中途切れさせといて半笑いの主人に対し、若干ムカつき気味)。

「ん?気づいてないならいいや。何でもない。」

!!!

最後の一言で全てを把握した私。何よ、そ~ゆうコト!?

どうやら、なにかをしようと体を動かした拍子に体の横に置いてあったリモコンに手が当たり、停止ボタンに触れたらしく、ビデオがストップ。で、TVに切り替わったところ、ちょうどそこのチャンネルでハイライト番組をやってて、たまたまVieiraの得点シーンが流れてたってわけ。

そして予想どおり、このあとしばらくしてから、ビデオの中のVieiraはゴールを決めました!!

知ってた?Vieira、この日(6/23)誕生日だったって?
しかも何?知らなかったよ。Zidaneもおんなじ誕生日なのね。
スタンドに掲げられてた垂れ幕に書いてあって初めて知った。へぇ~。

Swiss(スイス)もSenderosのヘディングゴールで1-0!
鼻筋が流血で赤く染まってる。男、Senderos!って感じ。
かっこいい…。むちゃくちゃ決まってるよ、Senderos。

そしてFrance(フランス)も追加点はHenry。
VieiraとTrezeguetの動き、よかったね~。
ほら、だからさ、やればできるんだってば。
いつもいつもこれでいこうよ…。

次の相手はSpain。
Fab&Rayes相手かぁ。キビシイかもな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://clockend.blog5.fc2.com/tb.php/212-afd76576
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。