Clock End kitchen blog

いつも心にArsenal。Arsenalとともに過ごす毎日を綴ります。それだけじゃないけど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行くぞ、Emirates!

Emirates CupはPersie大活躍だったみたいね。
試合後のインタビュー観たけど、えらくご機嫌だったじゃん。
こないだ、Barnetの時と全然違うんだもん。

ま、でもさ、フレンドリーマッチだろうと何だろうととりあえずカップを取るってのはいいことだよね。
みんな、嬉しそうだった。だって、おそらくこれ、今のこのメンバーで取った初めてのカップじゃない?
何だっていいんだよ。こういうのの積み重ねが次につながっていくってもんだよ、きっと。

とまあ、Emirates Cupの話はこのくらいにしておいて、それより今日は朝一から大仕事しました。
で、今回はそのご報告。

12日の開幕戦、対Fulham戦、チケット取りましたー♪

行くぞ、Emirates!
あと、行けても数回だからね。
思いっきり楽しむぞ!楽しませてよねっ!!
スポンサーサイト

そっか、やっぱり…

まあね、仕方ない。
そんな気はしてたしね。

Ljungbergは、5年とちょっと前にLondonに来た私がArsenalを見始めるようになったとき、いちばん最初に好きになった選手。
毎日つまんなくて、何も楽しいことなくて、逃げ出したくてたまらなかったLondon生活をがらりと変えるきっかけを与えてくれた人。頭にくることだらけのここLondonで、5年間なんとかやってこれたのも全てArsenalがあったからこそ。

だからLjungbergにはものすご~く感謝してるんだ。

そりゃずっといてほしかったけどさ、でも冷静に考えたらお互いにとってこれは正しい決断なはず。いいんだよ、よかったんだよ、これでさ。

これでいよいよ、本当にArsenalはすっかり生まれ変わっちゃったよ。
どうなるかね。でもなんだかワクワクするね。
さぁ、新しいArsenalの始まりだよ!!

今年もBarnet戦

両親が日本に帰っていってもう1週間。
先週も友人にガレージセールに誘ってもらい小雨の降る中、荷持運ぶのに何往復もして足が筋肉痛。それでも行ってきたよ、毎年恒例のBarnet戦。

レポートはHPがまだ07/08版に作り直してないので、もう少し待って。開幕までにはなんとかします。

ホントはさ、最後にもう一度Henryと握手して、そして今度こそは一緒に写真撮ってもらって…ってず~っとこの1年、考えてたんだよね。あ~あ、こんなことなら2年前、ちゃんと撮っとくべきだったよ。
タロウは大好きなToureが来ると分かって前夜からウキウキ。興奮しすぎて寝れなかったらしい。みんなにサインを書いてもらうための旗の準備もバッチリ。

さて、それでは選手たちの登場です。
ちなみに前回hanaiさんからダメ出しされたうずまきは今回やめて、モザイクにしてみました(笑)。

まずはFlamini。
す~っと通り過ぎていこうとするのを「サイン書いて~」って止めたら、こっち向いて一瞬「あれ?」って顔したの!去年と全く同じ場所にいたし、もしかしてうちらのこと覚えてた?ねぇ、出てくことなんてないってば、また一緒に頑張ろうよ。
Flamini


次はToure。写真を頼むと笑顔で受けてくれる。タロウ、やや緊張気味(笑)。
Toureとタロウ

じゃあ、私も。これまた二つ返事でOK!やっぱりToureはいい人だ~。
Toureと私


Persie。さっきまでのような和み雰囲気まるでなし。こ、怖かった~。ま、それもPersieだけど。
Persie


Adebayor。Adeも笑顔ひとつみせず。それにしても背が高い!
Adebayorと


次はTheo。Theoはそんな怖い顔するわけないもんね。ああ…なのにもう~っ、Theoったら目つぶっちゃってるよ。でもかわいいから許してあげる(笑)。
Theoと


試合には出なかったけどいちおう来てたよ。Eduardo Da Silva。
Eduardo Da Silvaと


この子の腕、よく見ると…
少年


ボールペンで書いた自作のArsenalマークが!なかなかやってくれるじゃない!!
腕


そしてこれが今回の勝利品。
旗

左上からBoss、Pat、Clichy、Persie、Toure、Denilson、Traore、Almunia、Eduardo Da Silva、Theo、Flamini、そして真ん中マークの上にAdebayor。日本に帰ったら額に入れて飾らなくちゃね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。