Clock End kitchen blog

いつも心にArsenal。Arsenalとともに過ごす毎日を綴ります。それだけじゃないけど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放心状態

なんだか気が抜けちゃった。まるでシーズン終わっちゃったかのよう。
まさかCarling Cupごときでこんなんになるとは…(笑)。
期待半分くらいで臨んだはずだったのに。

Arsenal 1-2 Chelsea (レポートはコチラ)

解説者が"Kids against Cash"って言ってたっけ。Arsenal kindergartenとも(笑)。
そこで、いつものように平均年齢はじきだしてみました。
先発11人の平均年齢、21.6歳
GK、Almuniaを除いてフォールドプレーヤーだけにすると、なんと20.9歳
さらに絞って、MF4人は18.75歳。ひぇ~っ。

みんな良く頑張ったんだよ。
Theoのゴールなんて感動で感動で、しばらく涙止まらなかったんだから。
パブの中も凄かった。嬉しすぎて、店の外まで飛び出して行っちゃった人もいたくらい(笑)。
きっとあの瞬間、London(北部)内のあちこちのパブであんな状態だったんだろうなぁ。
そりゃプレッシャーだよ、こんなの。それでも、ああいう試合で待望の初ゴールを決めちゃうTheoはやっぱりスターかもしれない。

AliadiereとBaptistaも気合入っててすごく良かったし、Fabはもちろん、DenilsonもDiabyもしっかり落ち着いてて、そういや後半のいつだったかDiabyがすっごくVieiraっぽく見えた瞬間があった。そう思ったのは私だけじゃなかったみたいで、そのあとVieiraの歌が聞こえてきた。でもそのDiaby、Terryのあの失神では完全に動揺しちゃってたねぇ。ケガも心配。

いちばんの不安だったTraore。でも今まででいちばん良かった。必死でついていってたし、攻めにも絡んでいったし、これぞ成長だねぇ。

Senderosはさぞ悔しかろう。Drogbaはホントに苦手なんだ。
Hoyte、Toure、Almuniaに関しては全く問題なし…だったんだけど、最後、Toure…Toureがあんなに取り乱したの始めて見た。今まで溜まりに溜まってたモノが一気に溢れ出ちゃったんだろうなぁ、きっと。
しかもまた、運悪くというかなんというか、すぐ隣にいたのがFabだったんだよね。最近イライラしっぱなしのFabにも案の定、火がついて、ああなるともう止められるような人誰もいないんだもん、そりゃ収拾つかなくなる。試合再開してからふと思ったんだけど、あの騒動の中でDenilsonやTheoの姿、見かけなかったよね。逃げて、遠くから見てたのかなぁ(笑)。

はぁ~あ。勝ちたかったなぁ。勝たせてやりたかったなぁ。
つらいけどさ、悔しいけどさ、頑張ったよね。
Chelseaのトップチーム相手にいい試合だったもんね。

いつか絶対さ、Carling Cupじゃなくたっていいから、FA Cup、Premier、CL、なんでもいいから、いつか絶対なにかで優勝しようよね!!
スポンサーサイト

写真でごまかしちゃえ!

なんだかなぁ…。

Arsenal 0-0 Blackburn (レポートはコチラ)

Blackburn、ちっとも怖くなかったよねぇ。普通に勝てたはずなのになぁ。
最後こそ、お得意のラストスパート見られたけど、まぁでもそれもねぇ。
せっかく観に行ったんだけどあんまり内容ないので今回は写真でごまかすことにします(笑)。

■Gallasが帰ってきた!待ってたんだよ~。
Gallas_Toure


■お子ちゃまDenilson、この日は出番なし。
Denilson


■アップの途中で恒例の円陣。ちょっとぉ~、お尻かいてんの誰よ?Flamini?(笑)
meeting


■Fab、Flamini、Aliadiele。シュート練習の順番待ち。
Fab_Flamini_Ali


■もひとつFabregas。さっきは手振ってくれてありがとね~。
Fabregas


■Ljungbergもチビッコたちに呼ばれて笑顔で手振ってたっけ。
Ljungberg


■いつ見てもかわいいのぅ~!お願い、こっち向いて!!
Theo


■今日のCBはこの2人、ToureとSenderos。
Toure_Senderos


■そして最後はこの人。絵になるんだよなぁ。
Henry

や~っと勝てた!

またまた120分戦っちゃったねぇ(笑)。

Bolton 1-3 Arsenal
(レポートは書いたんだけど、何故だかアップができません。あとでまたトライしてみます。)

まぁね、Gilbertoが、Adebayorが、Baptistaが、ちゃんと決めといてくれればこんな苦労はしなかったんだけどさ。GilbertoとBaptistaは今日から1000本PKだよ、まったくもう…(笑)。

HenryとLehmannが休むのは前から知ってたけど、それにFabも加わって(確かにFabは最近お疲れだったからね)、さらにはHoyteの代わりにDjourouが右サイドに入ってGilbertoがCBで、真ん中がDiabyとDenilsonっていうちょっとドキドキの試みだったけど、これも作戦のうち?終わってみればAnelkaもDioufも完璧抑えたしね。

それにしてもBoltonって怖い人いっぱい。
Diouf、顔怖すぎ。そんな目で睨まないでよ。
Anelkaも怖いし、それにIvan Campo。見た?ダイブしてyellowもらった後、いや~な笑み浮かべてたよねぇ。ああ怖っ。Rosicky、よく足ひっこめたよ。

今日こそはPKになっちゃうんじゃないかとちょっとヒヤヒヤしたけど(まぁPKになったところで、うちにはAlmuniaがいるから大丈夫なんだけどっ)、決勝ゴールはようやく戻ってきたLjungberg!

もちろん走りとかキレとかはまだまだ本調子じゃないけど(そりゃそうよ、何ヶ月ぶり?)、あのゴールはなんかいいかもしれない。昨シーズンは結局ほとんどゴールなかったけど、その前のシーズンとかゴール量産してたころのLjungbergのゴールっぽかった。近々、またあの頃の元気ハツラツLjungbergが見えるかもしれない。うん、そんな気がする。

さぁ、これでもうBolton恐怖症は取り払えたでしょ。
次は引き続きFA Cup、相手はここもまた極悪イメージのあるBlackburn。
でも勝つよ!勝てるよ!勝たなくちゃっ!!

2列目で観てきたよ

最近こんなのばっかだね。
いいけどさ、ちゃんと勝ってくれれば。
そりゃ試合の間中ドキドキだけど、勝ってくれれば、こんな楽しい試合はないからね。

Arsenal 2-1 Wigan (レポートはコチラ)

この日の席はゴール裏、2列目。
前半、TheoのセンタリングをHenryがぽか~んと外した、あの辺り。
Toureっていっつも前後半始まる前にゴールラインのとこまで走ってきてくれるよね?その辺り。
最後、Lehmannが広告板飛び越えてきたでしょ、まさにその辺り(笑)。

前後半が逆だったら逆転ゴールのRosickyが目の前に来たんだろうになぁ~とか思いながらAway席に向かって牽制歌を歌ってそれはそれで盛り上がってました。

余韻に浸ってる間もなく、明日はFA CupのBolton戦。
どんなんでもいいから勝って!お願いっ!!

大雪っ!!

すごいよ、すっごい雪!
雪

4年前だったっけ、5cmくらい積もって大パニックになったことあったけど(普段めったに積もらないから、たった5cmでも大パニック!)、今回はそれを完璧上回ってるよ。今、寒い中、測ってみたら8cm。今もまだ降ってるよ。う~、寒、寒っ!
庭

でもどうだろ、今回はそこまでパニックにならずに済むのかなぁ。昨日から天気予報とかニュースとかでしきりに騒いでたからみんな心の準備ができてそう。レッスン先の子どもたちは「明日は雪降ったら学校休み~♪」って浮かれてた(笑)。

何が恐いって、こんなに雪でもみんな普通に車運転しようとするからね。もちろんチェーンなんか誰も持ってないよ、タイヤもむちゃくちゃ普通。そりゃ滑るって、ぶつかるって。ちなみに、その4年前のときはまだガレージ持ってなくて路駐してたんだけど、縦列駐車でもしようとしたんだろうか、気づいたら当て逃げされてた。ライトは割れ、バンパーは外れ、雪の上には滑ってきたタイヤの跡が…。あのときは涙出そうだったね。いや、ほんとに泣いてたかも(笑)。今日もレッスンあるんだけど、キャンセルしないといけないかなぁ。こういう日は、車は動かさないに限ります。

明日は、日本から友達がやってきます。空港まで迎えにいく予定なんだけど、行けるのかなぁ。その前に、確かfabregas_4さんは今日着くんじゃなかったっけ。大丈夫かなぁ。空港、大混乱になってなきゃあいいけど。

Flaminiがles bleusに!

Mes félicitations!!

そっかそっかぁ、とうとうFlaminiもles Bleusの仲間入りかぁ。
あぁ、なんかすっごく嬉しいよ。
これでLes Bleusを観る楽しみがまた増える。

ガンバレ、Flamini!
応援するからねっ!!(ケガしちゃダメよ!)

またRileyにやられたよ…

ほんっとにいいかげん、辞めてくれないかなぁ。

Middlesbrough 1-1 Arsenal (レポートはコチラ)

そりゃSenderosも肩に手をかけたはかけたわよ。でもそんな、Redじゃないでしょーが。
しかも、それを取るならペナルティーエリアの外じゃんか。どこ見てんのよっ!
どーしてsent offになるわけ?
どーしてPKなわけ?
そりゃ、Lehmannも怒るっちゅうに。

そのLehmann、その後のあれはいったい何だったの?
最終的にHenryの同点ゴールにつながったゴールキック、すっごい普通の顔してたけど(笑)、あれ、明らかにライン超えてたよね?ホントだったらダメだよね、あんなの…。たぶん逆の立場だったら、むっちゃくちゃ怒りまくってると思う。

でも結局それで同点に追いついたんだから、まぁいいじゃんって?
い~やいや、そんな簡単には許さないわよ、私は。
だってつまりはさぁ、全てRileyに支配されたってことじゃん。
そんなの許せないっ!せっかくの試合がもう台無し。

ようやくGilbertoが戻ってきたというのにねぇ、Senderosもまた3試合出られなくなっちゃうの?
ただでさえ、ケガ人いっぱいでてんてこ舞いだっていうのに…。
明日明後日と代表戦があるけれど、お願いだからこれ以上ケガしてこないでね。無事、帰ってくるんだよ!

Kids、ついにFinalへ!!

今日も家でおとなしく文字観戦。
でも夜にハイライト番組あったから、それでしっかり観ましたよ。

Arsenal 3-1 Tottenham (レポートはコチラ)

延長あるなんて全然知らなかったから、焦っちゃったよ、もう。
CLみたいに、1-1同点ならアウェイゴールですんなり勝てるとばっか思ってた。
そしたら、同点にされたあとの文字画面のコメントが、これでTottenhamはextra-timeにもうあと1点取ればいい…とかなんとか出てくるじゃない。どういうこと?もしかして延長があるわけ?それともただ単に残り時間のことをextra-timeって言ったりしてるの?いやいや、そんなわけないよ、やっぱこれって延長があるんかも…って黒い画面に向かって1人、ドキドキの数分間を過ごしました(笑)。

勘違いしてたのはタロウも同じ。
大事なArsenalの試合をほったらかし(笑)、飲みに行ってて夜中(深夜?)帰ってきたタロウ。
「すっごい試合だったんだから」 その内容を教えてあげようとする私。
「実は最後20分、観たんだ~♪」 少々自慢げのタロウ。2件目に移動中、通りかかったパブで観てたらしい。ちくしょ~、くやしいぃ~!!1人だけずるいっ!!
「うそぉ~、いいなぁ。ってことは延長の途中から?」
「は??延長?なにそれ、どういうこと?」

よくよく聞いたら、彼の観た20分間とは70分すぎから90分までのこと。
だからまあ、Adebayorの先制ゴールとその後同点されるとこは観てるわけで、それはそれでいいんだけど、90分終わった時点ですっかり勝ったと思い込んでさっさとパブを後にしちゃったらしい。
ぷぷぷっ、実はその後があったのに…なんとまあ、もったいないことを(笑)。

さぁ、ついにFinal!ついにCardiff!!
ここまできたからには、なんとか優勝させてあげたいよねぇ。きっとすごい自信になると思うよ。相手がChelseaならなおさらのこと。

頑張るゾ、Young Gunners! 我々の誇り!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。