Clock End kitchen blog

いつも心にArsenal。Arsenalとともに過ごす毎日を綴ります。それだけじゃないけど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲み続けた一週間

昨日、両親が帰っていきました。
あっというまの約10日間、二人ともさぞ疲れたことでしょう。
テロ騒動にも負けず、市内観光と郊外への遠出を数々こなしたからねぇ。

それにしても、毎日まぁよく飲んだ。
くる日もくる日も飽きずに、家であろうと外食であろうと昼も夜も必ず飲んでたからね。
そうねぇ…毎日ビール3パイント(1パイントは生中1杯よりやや大きめ)は飲んでたと思うよ。夜はそれプラス、私は時々ワイン、お父さんはほぼ毎日、焼酎やウィスキー、しまいにはジンをお湯割りして飲んでたっけね。なんでもビールじゃ酔えないんだと…、なんて人だ。

つられて飲んでた私も私だけどさ、お父さん、やっぱそれちょっと飲みすぎかもよ…。
ま、楽しかったからいいんだけどさ。
普段はもうちょっとほどほどにしといたほうがいいかもね。(人のこと言えないか。)
次は私が日本に帰ったときにまた一緒に飲んだくれましょう。

↓パブにてビールを購入する父
父、ビール購入

スポンサーサイト

お土産~♪

更新滞ってしまいました。というのは先週木曜日(2度目のテロがあった日)の夜から、うちの両親が日本は名古屋から遊びにやってきてまして。
テロに関しては、今回は前ほどじゃなく、混乱もそれほどなかったのでご安心ください。

で、土日月は湖水地方と呼ばれるところへ旅行にいってきたのですが、その話はまた次回。
まず今回は、毎度おなじみ、お土産のお披露目~♪

名古屋人ならご存知、素がきやの"みそ煮込みうどん"。
みそ煮込

これまた愛知、知多半島名物、"えびせんべいの里"のせんべい。なかでも"げその唐揚げせんべい"(右奥)が私のいち押し。セントレア空港内にも店ができたそうだね。
えびせんべいの里

飛騨土産、とちの実せんべい。
栃の実せんべい

漬物、うれしいね~。
漬物

コンビニ菓子、数種。
Flan、プリッツ、きのこの山、小枝。どれも初めて見る味ばかり。食べるの楽しみ~♪
コンビニ菓子

ビールのつまみは、や~っぱコレでしょ。ボ~リボリッとねっ、柿ピー!
柿の種

そしてネット通販で購入した"伊藤久右衛門"の銘菓いろいろ。
抹茶水羊羹をはじめ、抹茶ゼリー、ほうじ茶ゼリー、抹茶カプチーノ、抹茶せんべい、抹茶生チョコ、抹茶豆、抹茶あめなどなど、これでもかってくらいの抹茶づくし。
伊藤久右衛門


これ以外にも、Amazon.co.jpで買ったCD、DVDでしょ、こしあんやわらび餅粉、ねりごまとかの食材でしょ、そして私の大好物、辛子明太子は保冷剤とともに…。(1腹ずつラップして冷凍し、ちびりちびりと使います。)

スーツケースの中は約8割がお土産(っていうか私が頼んだもの…)。
よくみると、ほとんど食べ物だなぁ、これ…

運び屋、どうもご苦労さま。イギリスを満喫してってね~!

DALLOYAUのケーキ☆

Parisみやげに、DALLOYAU(ダロワイヨ)のケーキを買ってきてもらいました。
こっちがマロン。dalloyau.jpg
こっちがコーヒー味だって。上にのってるのはマカロン。dalloyau1.jpg

マロンの方は夕べさっそく食べました。美味しかった~。
そしてそして、もう1個の方は今日の夜のお楽しみ♪

フランスのマカロンってお菓子は有名で、その中でも有名なのはLADUREE(ラデュレ)ってお店のだけど、私的にはDALLOYAUのマカロンの方がなんとなく好き。
ちなみにDALLOYAUは、チョコレートケーキ"オペラ"で有名なんだよね。

ああ~、そんなん考えてたら私もParis行きたくなってきたよ~~っ!!

Henryと握手っ!

先週土曜日、Barnet、Underhill stadiumで、Arsenal vs Barnetを観てきました。
Underhill Stadium

stadiumまではうちから車で15分。むちゃくちゃ近い。
席はエリアだけはチケット購入時に決まってるけど、あとは全て自由。試合開始1時間ちょい前にゲートが開き、それと同時に中に入り、ゴール裏エリアのチケットを持つ我々は、Henry zone(ゴールの少し左側)の真ん前を陣取りました。
すると、選手を乗せたバスが到着。
とにかくちっちゃいスタジアムなので、選手たちはバスを降りると直接グラウンドに入ってきます。
Bergkamp、Rayes、Henry…、ああ、Piresだっ!よかったよ~、ちゃんといた。ひと安心。
試合はさすがに一方的で4-1完勝。(そりゃそうだわね)
グラウンド、すごく近い


さて、話はここから。
試合終了と同時に我々、ポジション移動。
選手が帰ってく通路のところ(もちろんいちばん前)で、選手が出てくるのを待ってみました。
まず、やってきたのはCygan。
周りのみんなはボールペン、サインペンなど差し出して、サイン帳やユニフォームにサインを書いてもらってる。けど、こんなことを予期してなかった我々、ペンなんて持ってきてないよ。どうしよう?せっかくいちばん前にいるってのに…。そうだ、握手だ、握手してもらっちゃえ。
私の前にやってきたCyganに、ペンじゃなく、おそるおそる手を差し出してみると、快く握手!あらら、Cyganって近くで見るとなかなかいい顔してるじゃん。

次にきたのはRayes。
Rayesとも握手!し、しかもウィンク付き!!
実を言うと今までRayesのこと、それほどでもなかったのに、いやぁ、ちょっと…ううん、かなり、やられちゃったねぇ。なんていうのかなぁ、スペインとかイタリアとかのラテン系の男の人ってよく女の人に対してすっごくあま~い顔するじゃない?そう、まさにそんな感じ。あの笑顔でウィンクされたら、そりゃ間違いなく骨抜かれるよ。
Rayes
(近づいてくるRayes。手前には手を差し出す私)

うわぁ~、これは舞い上がってきたぞ。
そしてついに本命登場、Henryがやってくる。
隣りから、フランス語でしゃべりかけろとの指示。
そんな~、何?何しゃべったらいいの?だってHenryだよ。そんな、ああ、ドキドキする。
うわわわわあぁ~~、つ、ついにHenryと握手!!
それまでずっと下向いてサイン書きつづけながら移動してきたHenry、握手するときはちゃんとこっちむいてくれた。にこっ("にやっ"かな?)と笑って、しかもまたしてもウィンクつき!
なんてことなの!もうダメ、もうダメ。緊張と興奮で心臓止まりそうなくらいドキドキした。Rayesのような甘ったるさはないんだけど、そのにやっとした笑顔、たまんないねぇ。今思い出しても、顔がにやけてくる。ああ、もっとしっかり握ればよかった。もう1回、もう1回握手したいよっ!
Henry


次、Hleb。よぉし、今度は声もかけちゃってみるかな。
握手しつつ、"Welcome to Arsenal."(とっさにこれしか思いつかず…)
"Thank you."
やったね、しゃべった、Hlebとしゃべっちゃったよ!
Hleb


Bergkampは試合の途中でひとり、一足先に帰っていっちゃったため、あとはPiresを待つのみ。
のんびりたら~りと着替えてたのか、いっちばん最後にようやく姿を現した。
今度は一緒に写真とってもらっちゃおう!
よ、よぉし、今度こそフランス語で話しかけるぞ。さっきHenryのときはそんなそれどころじゃなかったからね。
落ち着け、とにかく落ち着くんだ。
心臓ばくばく。隣りまで来た。隣りの子にサイン書いてる横で、すでに手を出して待機。その手に気づいてPires、ちらっとこっちみて"Hello!"
ぐわぁ~、どうしよう、どうしよう!ああ、しゃべらなくちゃ、写真とってもらわなくちゃ。
まずは握手。そしてあってるかどうか知らないけど、一応フランス語で"一緒に写真撮りたいんだけど"って言ってみた。う~ん、たぶん私のフランス語が伝わったというよりは、察知してくれたんだと思う。見事、ツーショット撮ることができました。(半分だけ公開!)
Piresと


いや~、実にいい一日だったねぇ。お祭りみたいな一日でした。

我らがキャプテンVieiraがぁぁぁぁぁーーーっ

移籍しちゃった………

あああ、ダメ…
もう少し落ち着いたら続き書きます…

将来の夢

例のかしまし3姉妹のところへ今日もレッスンにいってきました。(教えてるのは長女と三女の2人。)
今日の話題は、将来の夢。

長女(12歳)はさすが、しっかりしてる。翻訳家と迷って、今は獣医だそうだ。(この家では最近、サクラという名の犬を飼い出した。たぶんそれが決め手。)

先に三女(6歳)は、この前の言動からして予想どおりの答え、女優。
な~るほど、すごく納得。

そして次女(8歳)はというと、

縁側で昼寝するおばあちゃん

コラコラ、たしかに将来の夢って…そりゃそうだろうけどよぉ…
あんた、まだ8歳よ。おばあちゃんの前に何かないんかいっ!!

でもまあね、確かに私もなりたいかも。

ご心配かけました

気づいたら、先日のテロ事件以降、ブログを更新してませんでした。
心配してくださってた方々、ご連絡遅くなってスミマセン。
こちらは大丈夫です。Londonはもうすっかり普通の生活に戻ってます。
たくさんの友人知人から安否を気遣ってくれるメールをいただきました。本当に感謝してます。この場を借りてお礼申し上げたいと思います。

どうもありがとうございました!

結局あの日、私はお昼近くまで事件のこと知らなかったんだよね。
そしたらレッスン先のおうちから電話がかかってきて、
「町なかで大きな事故かなんかあったの知ってます?」って。
「いいえ、知りません。なんなんですか?」
「なんか、あちこちで地下鉄が爆発して、最初、事故かっていってたけど、どうもテロかなんかの事件みたいですよ。」
「そうなんですか?」慌ててTVつけてみる。
「ええ、地下鉄もバスも全てストップしてるみたいで、たぶんこのままだと道も相当混んだりするんじゃないでしょうか。今日のレッスンどうしましょう?」
電話をかけてきてくれたとこのおうちは車で片道30分ほど、大きな幹線道路を使わなければいけないし、確かにこれはただごとじゃなさそうなので、その日のレッスンは全てキャンセルすることに。

とはいえ、家でじっとTVとインターネット見てるだけじゃ、いまいち外の状況って分からないもんだよね。外を、例えば近くのスーパーとかに出歩いていっていいものなのかどうかさえも分からない。
そりゃ、出ないに越したことはないんだろうけど。

でも結局、交通機関がマヒしてたのはその日だけ。
翌日にはもう朝から地下鉄も通常どおり動いてたけど、でもさすがに昨日の今日で地下鉄乗るのは怖いと思うんだけどねえ、ふつう。

実はこの土日、プラハに行ってきたんだけど(こんなときに行くかって?)、空港こそ、もっと警備が厳重になってるのかと思ったら、それがぜ~んぜん。出入国審査、手荷物検査もいつもとかわらず。
そんなんで大丈夫なの?ってこっちが心配になるくらい。

ってなわけなので、どうぞご安心してくださいね。

いよいよ昨日あたりから、また暑さが戻ってきた気配。
先週はホント寒かったからね。
耐えられず、暖房入れちゃった日もあったくらい。
今度こそ、本物かなあ。そうあってほしいよ。
はやく、バーベキューがした~いっ!!

サッカーバトン

先日のミュージックバトンに引き続き、クルラさんから今度はサッカーバトンがまわってきた。
ミュージックよりはすんなり書けそう。
もちろんここは"ガナきち"らしく、とことんArsenal一色で参ります。

1.持っているサッカーDVDの数
以下の5本。
・Arsene Wenger's MAGIC HAT 2001/2002 'DOUBLE WINNING' END OF SEASON REVIEW
 (01/02シーズン、2冠達成した年のレビュー)
・Arsenal CENTURIONS 100GOALS EACH FROM BERGKAMP & HENRY
 (HenryとBergkamp、Arsenalで各々100ゴール達成。その100ゴール集)
・THE UNTOUCHABLES SEASON REVIEW 2003/2004
 (03/04シーズン、無敗優勝した年のレビュー)
・49 THE COMPLETE UNBEATEN RECORD
 (49試合無敗記録の全て)
・ARSENAL SEASON REVIEW 2004/2005
 (04/05(昨)シーズンレビュー)
詳しくはHPにも載せてます。(DVDs、Videos、Booksのコーナーね)

2.今一押しの選手・クラブ
そりゃクラブはArsenal。私の頭の中にはArsenalしかないからね。
そして、え~っと選手?
誰だろ?だって今さら、あえて私がどうこう言わなくてもねえ。みんな知ってるだろうし。

で、ふと頭に浮かんだのはLauren。

はぁ?

って今、思った?
なんでかってLaurenってねぇ、すごい、すっごい、と~きどきなんだけど(だから余計そう思うのかもしれないけど)、時々すっごい絶妙のセンタリング出すんだから。そりゃBeckhamのようにはいかないのは百も承知だけどさぁ、ついつい期待しちゃうのよね。みんなLaurenって軽視しがちだけどさぁ、私は押すよ。

3.印象的なゴール
今回これがいちばん難しかった。
いっぱいいっぱい頭に浮かぶんだもん。
いつぞやのCLでColeが終了間際にみせたダイビングヘッド…と言いたいところだけど、あのときはまだ私もガナきち駆け出しの頃だったもので、実を言うとあのあたりの試合、記憶がごちゃまぜになってる。確かあの時ってCLは崖っぷちの試合が続いてたんだよね。ゴールシーンそのものははっきり覚えてるし、そのあと大騒ぎしたのも覚えてるんだけど。ああ、何ではっきり覚えてないんだろ?悔しいなぁ…。

試合の状況とか除外して、ただ単にゴールシーンだけで考えてみると、やっぱりあれかな。
Bergkampのmagicターン。ええと確か01/02シーズンの、Newcastle戦。ボールをトラップしといて、自分はターンで相手を交わし、ゴールを向いたところでシュート!これぞ神業。

4.大好きな選手5人
そんな簡単に5人には絞れません。
けどま、いちおう。

Thierry Henry
あなたのすごさはこんなもんじゃない。まだまだいける。もっともっとすごくなれる。なってやろうじゃないの!

Freddie Ljungberg
泥まみれだろうがなんだろうが、いつもどこでも全力突進。熱くてひたむきなその姿、たまらないねぇ。

Robert Pires
誰かがシュート打った後、いつも必ずゴールにつめてるPires。なんで分かり合えてるのっていうHenryとの絶妙のパス交換もまた見たい。ぜったい出ていかないでよ。

Ashley Cole
ときどきすっごい勢いで駆け上がってくよね、あれ好きだなあ。
出て行かなくていいんだよ。やっぱあなたはArsenalにいなくちゃいけない人なんだから。みんなあなたを必要としているよ。

Denis Bergkamp
私にとっては雲の上の存在だよ。何から何まですごすぎる。ああ、あと1年なのかぁ。いっぱい眼に焼き付けておかないと…。


Vieira
捕らえた獲物は逃がさない。まさに"狩り"だね。

Gilberto
いてほしいところにちゃんといてくれて助けてくれる。本当に頼もしいね。

ん?おっとっと、ほらぁ、言ったじゃない。5人越えちゃったじゃないの…。

5.バトンを回すかたがた5人
ついこの前、ミュージックバトンを渡したばっかりだからねぇ。

杉山くん、読むかなぁ、これ。
無理強いはしないけど、もし気が向いたら受け取ってみませんか?

他のみなさんには、続けて渡すのもなんだか気が引けるので、こちらからお渡しするのはやめときます。

なんだよ、それならこっちのバトンの方をまわしてもらいたかったよ、って?

そうおっしゃってくれる方にはもちろん喜んで差し上げます。
さあ、どうぞご自由に!

あの感動を再び…その1

先週末、日本の友人から荷物が送られてきました。
中身はビデオテープ2本とサッカー雑誌、そして羊羹。
何のビデオかってそりゃあなた、もちろんArsenalでしょ。

我々にとってはただただ迷惑な話なんだけど、自国のくせしてここではプレミアリーグの試合は、なんだか放映権の問題等いろいろあるらしく、衛星含めTV放送の全くない試合がとっても多くって非常に困ります。
一方、日本じゃスカパー(だよね?)でArsenalなんかはたいてい観れるらしいじゃないですか。再放送までやってくれたりなんかして。なんて素晴らしいんだ。日本帰ったらぜ~ったいスカパー入らなっちゃ!ってなわけで、ど~~しても観たかった試合を時々日本の友人に頼んで録ってもらっては送ってもらってるのです。

今回頼んだのは、4/2、HenryハットトリックのNorwich戦と、
5/11、Bergkampの神業満載の、そしてEdu涙のPK、7-0Everton戦。

そしたらなんと、
ああ、やっぱり持つべきものは友だねぇ。
一緒に、FA Cup Finalも送ってくれました。
いやぁ~ん、どうもありがと~~~っっ!!さすがだわっ。

さて、さっそく昨日、まずはそのNorwich戦とEverton戦を立て続けに観させてもらいました。
"One more year"の大合唱、ぞくぞくきたねぇ。
Bergkamp、すごすぎるっ!
EduのPK、何度見ても危なっかしい涙出てくるねぇ。
たっぷり180分、大満喫させてもらいました。

さて、残すはいよいよFA Cup Final。
また正座で臨んじゃおうかしら…。
頼むぞ、Lehmann!!

AliadiereがCelticにローン移籍…

今シーズンこそは彼の大化けする姿を見るはずだったんだけどな。

AliadiereはCelticへローン移籍とのこと。
淋しいけど、仕方ないか。
ま、彼にとっても悪いことじゃないだろうし。
一時は、フランスに戻りたいとかなんとかって噂もあったけどね。
戻らない、戻らない。よかった、よかった。

Celticで大活躍してさ、みんなをあっといわせてやろうよ。
今よりは試合にもたくさん出れるだろうし。
トップスコアラーも夢じゃないかもよ!?
夢は大きく持とう、君ならできるっ!
ガンバレ、Aliadiere!!応援してるからね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。