Clock End kitchen blog

いつも心にArsenal。Arsenalとともに過ごす毎日を綴ります。それだけじゃないけど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯予選より~フランス

勝てない。勝てない。フランスが勝てない…。全然ダメ。
このままじゃ、ホントやばいよ。

映像全く見てないから、勝手に言わせてもらうけどさぁ、

Trezeguet、得点直後にsent offって何よ。何しでかしてんのよっ。
そんなことするもんだから、Henryが入ってこれなくなっちゃったじゃないのよ。

っていうか、そもそもHenryは何でベンチスタートなのよ。
ドメネク(監督)のやつ、前日のインタビューでは、使う気満々みたいなこと言ってたくせに。
何?まさか、この期に及んでまた占い??ふざけたこと言わないでよっ。

それに、90分のWiltordって何よ。
今絶好調のWiltordを知らないの?そんな90分に出してきて、どうしたいわけ?
それならもっと早く出しなさいっていうのよ。

監督更迭あるのみ。
フランスで暴動でも起こってくれないかなぁ。
スポンサーサイト

ドメネク監督、あなた何者?

このフランスの監督、前々からおかしい人とは思ってたけど、やっぱりそのとおりだった。
なんたって、こともあろうに占いだそうだから。

PiresをはずしたのはPiresがさそり座だから。さそり座がいっぱいいるといけないんだって。
Silvestreもしし座だからって理由ではずされてる。
(いつもはどうでもいいSilvestreだけど、今回ばかりはちょっと同情。)

何よ、占いって。怪しいこと言ってるんじゃないわよっ。
選手を何だと思ってるのよ。
いい加減にしてよね。頭おかしいんじゃないの?
間違ってる。ぜ~~ったい、間違ってる。

そもそもPiresが必要ないわけないじゃない。
Arsenal以外ではいまいちぱっとしないHenryだけど、でもやっぱりHenryはHenryであって、今のフランスもHenryに頼らざるをえないわけでしょ。そのHenryに息ピッタリ、絶妙のパスを出せるのはPires以外誰がいるって言うのよ。PiresがいてこそHenryが活きるって言うのよ。
そしてやっぱり攻守の中心はキャプテンVieiraなわけでしょ。じゃあやっぱり、普段から一緒にプレイしててお互いの動きを知り尽くしてるこの3人を中心にチームを作っていくのが今のフランスとしてはベストなんじゃないの?
だってもうZidaneはいないんだからさぁ。

とにかく、まずはそんな占いだとかなんとかふざけたこと言ってるこのダメ監督を一刻も早く解任、追放よ!!


*参考記事はコチラ
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-050328-0011.html

イタリア、ポルチーニ茸との旅

フィレンツェ、ベネツィア4泊5日の旅行は、ひたすら食べて飲み続ける毎日。
やっぱりイタリアのパスタ、ピザは美味しいねぇ。
ワインもおいしいし。なんて幸せなの!

それはそうと、ポルチーニ茸ってご存知ですか?
イタリア料理によく使われるヤツです。
日本でもイギリスでも、たいてい乾燥のものしか売ってません。
しかも、バカ高い。

季節ではないので、半ば諦めてたのですが、
フィレンツェの市場で見つけました、生ポルチーニ
パスタの具やバター炒めはもちろん、松茸のようにさっと焼いてポン酢で食べるとか、土瓶蒸しなんてのも、絶対イケるはず!

フィレンツェ最終日となる3日目は日曜で市場がお休みだというので、仕方なく2日目に500gをEUR6.00(約800円?)で買い、その後の3日間を生ポルチーニとともに旅することに。

暑くはなかったけど、移動中はもちろんバッグのなか、ろくに呼吸もできない状態。ホテルではとりあえずテーブルの上に並べられ外気に触れられるけど、ベッドメイクの入る昼間はやっぱり袋の中に閉じ込められ、4日目ついに脱落者が…。

最終日の5日目の朝もやはり、異臭(今思えば)を放ち、なめこのようなどろどろ液を出し、続々と力尽きていくポルチーニたち…。無念。

なんとか生き残ってる(ように見える)約半分を連れて、いざ帰英。
家についておそるおそる取り出してみると、さらに強烈な臭いが…。なかにはカビらしきものも…。

可愛そうに、苦痛の3日間を耐えに耐えて、はるばる海を越えてイギリスまでやってきたというのに…。ゴメン、ほんとにゴメンよぉ。

結局、ポン酢も土瓶蒸しも夢に終わってしまいました。
詳しい旅行記は、HPにて近日中に公開します♪

よもぎづくし

春にうかれて第3弾。

日本から買って持ってきてた「乾燥よもぎ」を使って、いろいろ作ってみました。
まずは草もち。
しかし調子にのってよもぎを入れすぎてしまい、見た目も味も濃い、苦い。
よもぎの量、半分でよかったな…。失敗作はこんなんです。
160305kusamochi_60.jpg

次に、よもぎ食パン。これは完璧。170305yomogi_shokupan_60.jpg

よもぎ食パンで小倉トースト。名古屋人なら分かってもらえる?
190305oguratoast_60.jpg

まだまだあります。よもぎの炊き込みご飯。沖縄料理らしいです。またしてもよもぎの量多すぎ…。
210305yomogitakikomi_60.jpg

気を取り直して、よもぎあんパン。220305yomogianbread1_60.jpg

よもぎクッキー。生徒達にも大好評!
220305yomogicookie_60.jpg

最後は番外編、よもぎ風呂。気持ちいい~。
170305yomogibath_60.jpg

えっ、キアヌ・リーブスが?

昨日、たまたま見てたTVのトーク番組。
ゲストにキアヌ・リーブスが出てました。

キアヌ・リーブス。
映画に興味のない私でもそれくらい知ってますよぉ。
「スピード」でしょ?(チョッピリ不安...)

それはいいとして、そのトーク番組で公言してたけど、
実は彼、Arsenalのファンなんだって!!

司会者の、「オフのときとかは何して過ごすの?」って質問に、
「スポーツ観戦。フットボールは好きだよ、僕はArsenalのファンなんだ。」と返答。
さらに、
「まだHighburyには行ったことないけど、行ってみたいんだよね。」だって。

彼ってアメリカ人?の割にはなかなかやるじゃない。
なかなか見る目あるね。
いつでもどうぞ。一緒にArsenalを応援しようじゃないの!

髪、切りましたっ!

春にうかれて、髪を切ってきました。

最近の私がここLondonで通う美容院は、Thierry Henryの住む街(たぶん...)、Hampstedにあります。
最近といっても、実に半年ぶりの美容院。
伸びきって重苦しかった髪もすっきり、さっぱり!

さぁ、Gilberto。
もう春なんだからさあ、君もさっぱり、あのさわやか丸頭にそろそろ戻さない?
復活の際は、丸頭でよろしくっ!!

春、到来!!

ですよね?信じちゃっていいですか?

今週に入り、徐々に春らしくなってきました。
今日なんか、素っ晴らしい青空じゃありませんか?

冬から春に変わるこの時期って好きだなぁ。
ついこの前までどっぷり冬だったはずなのに、春のヤツ、突然きたねぇ。
こうなるとなんだかもう、じっとしてられない。
急いで春を、からだじゅうにとりこまなくちゃ!

ということで、今日は朝から家中の窓を全開にし、空気の入れ替え。
冬の重苦しい空気は、とっとと出てってしまえっ!


最近、新しいデジカメを買っちゃいました。
一眼レフ!!
何でデビューしようか迷ってたんだけど、この写真でいきます。
桜(の一種だと思う)もあちこちで咲き始めてきたねぇ。
sakura.jpg

おじさんって…

本題に入る前に…

今まで明かしてませんでしたが私の職業は、ピアノ教師。
といってもそんな大層なものではないけれど。
音大卒でもないし、趣味の延長で続けてきたのがたまたま。
ここに来た当初、他にすることも無く、なんとなくやってみるかって感じで始めたのがきっかけで、こども相手に、見よう見まね、独自(?)指導法でとりあえず続いてる今日この頃。


さて、昨日のレッスン先での出来事。
7歳の男児生徒とその母親、私の3人の会話です。(ちなみにレッスンには全く関係ありません)

生徒「ママの好きな食べ物は?」
母親「おしるこ、ぜんざい!AKI先生は?」
私 「え~、何だろ?嫌いなものならいっぱいあるけど、突然好きなものって言われてもねぇ。」
母親「和食派とか?お米ないとダメな人?」
私 「ううん、別に。お米なくても平気。毎日おかずだけでも全然平気。そういう日、よくある。」
母親「炭水化物、特に欲しない人なんだ。じゃあ、お酒は?」
私 「お酒は飲む。あっ、それだ!それこそ好きなものかも。」
母親「何飲むの?ビール?ワイン?」
私 「ワインも飲むけど、やっぱビールかな。」
生徒「AKI先生、何飲むって?」
母親「ビール飲むんですって。」
生徒「なんか…、おじさんみたい(プププッ)」

なんだってぇ~?
おじさんだとぉ~~。

それに、その「プププッ」って何よ、何なのよ~!!
全く、失礼しちゃうわねっ!

Freddieに始まりFreddieに終わる

今日のFAカップ 6thラウンドの結果は

 Arsenal 1-0 Bolton

内心ひやひやしてたんだけどね…
なんとか勝ったよ!よかった、よかった。

今日は何といっても、Ljungberg Day!

試合開始3分、Piresのパスにうまいこと反応してLjungbergがゴール!
うぎゃーって転がっていく姿がいかにもLjungbergらしくて素敵。

試合的にはDioufのsent offがあって、それに限らず試合内容はもう荒れ荒れのぐちゃぐちゃ。
そりゃLaurenだって思わず胸ぐらつかんじゃうわよ。

そして1-0のまま、最後の見せ場はロスタイム。
Piresから絶好の(たぶんHenryなら確実に決めてたはず)パスをゴール正面で受けたのは、Ljungberg。
誰もが追加点を確信した瞬間、Ljungbergは見事はずしてしまいました…

Ljungbergは照れ笑い。
Rayes、Piresはちょっとあきれ顔。
そしてそのまま試合終了。

Ljungberg、ここはもう笑ってごまかすしかない。
でもまたその笑顔がたまならいのよね。なんて素敵なの。
まぁ勝ったことだしね、今日のところはその笑顔に免じて許しちゃおう!

ゆっくり休んでね

ふくらはぎ負傷のため、Henryが数週間、休養をとるらしい。
今まで、ちょっとやそっとじゃ休まない(休ませてもらえない)、
実は誰よりも頑丈なHenryなだけに、今回の休養はちょっと、いやいや、かなり心配。

だって、HenryがいないArsenalなんて…。
淋しいよぉぉ。

でも今後のことを考えたら無理は禁物だからね。
大丈夫、きっとすぐ戻ってきてくれるよね。
またいつものbrilliant Henryにすぐ戻るよね。
これからもまだまだ、すごいHenryで居続けてくれるよね。

CLも終わってしまったことだし、王子もたまにはゆっくり休ませてあげましょうか。

終わったねぇ…

CLもついに終わってしまった。
昨日のBayern Munich戦、1-0で勝ちはしたんだけど、
前回と合わせて2-3、あと一歩足りず…。

でもねぇ、結構大丈夫。
もっとがっくりくるかと思ったのよね。
放心状態に陥って、しばらく立ち直れなくなっちゃうんじゃないかと…。

それがわりと平気。なんて言うんだろう?
妙にすがすがしい気分なのよね。
なんか、小学生のころの運動会の次の日みたいな、
高校のときの文化祭のあと、みたいな、
台風が去った翌日みたいな。

分かる?この感じ。

先日から遊びに来てる友人が、Arsenalに、というよりサッカー全般に全く興味のない人で、
それでも昨日だけは、無理を言ってパブに連れて行き、一緒に観戦してもらったんだけど、
彼女がいてくれたおかげで、気が紛れてるってのもあるんだと思う。
ひとりだったら確実にもっと落ち込んでたはず…。

とりあえず、彼女に感謝。
そして選手のみんな、ひとまずお疲れさまでした。
来年もう一度、頑張ろっ!!

Thierry、ハットトリック!!

Congratulation, Thierry!
やったね! うれし~!!よかった、よかった。

でもね、実は私、見れてない……。

あ~、なんてこと…。せっかくHenryのハットトリックなのに。

なんでかっていうと、
日本から友人が遊びにきたんです。昨日16時すぎHeathrow空港到着の便で。
車で空港まで迎えに行かなくちゃいけなくて、それには家を15時半に出なければならない。
うちのTVは地上波のみなので、試合開始30分まではITVのteletext(文字放送)をチェックしてたんですがね。0-0のまま、TVの前を去らねばなりませんでした。

車のなか、ラジオ聞けばいいじゃん、って思うでしょう?
それがね、1週間前から壊れてて何も聞けないんです、これが。

携帯のインターネットサービス。これも時々使う手段なんだけど、これまた携帯も壊れてて今修理中。

ことごとく情報をシャットアウトされたまま、友人とは無事会え、急いで家に戻ってきたのが17時半。即行TVをつけ、おそるおそる文字放送を確認したところ、そこには
  Arsenal 3-0 Portsmouth
   Henry 39,53,85

勝ったよ!Henryじゃん!
ていうか、ハットトリックじゃ~~っん!!
遅れながらも、飛び上がって喜びました。

夜はもちろんGaryのMatch of the Day。
Henry、試合後のインタビュー、超ご機嫌そう。

思えば私、Henryのハットトリックってよく見逃してる。
昨シーズンのLiverpool戦だっけ?それも旅行に出てて見れなかった。ハットトリックに限らず、気のせいか、私が見れないときってHenry、よく点決めてたりする。

前回、長々と書いた縁起担ぎの件、
・私が見ないとHenryが活躍する。
ってのもホントは入れなくちゃいけないかも。
でも見るけどね。

Laurenも縁起担ぎ

今朝は7時に起きて、ゆっくり1時間かけて朝風呂を満喫しました。
今日の入浴剤は、カネボウ薬用入浴剤「旅の宿」にごり湯、奥飛騨。
にごり湯につかりながらArsenal official magazineを読みふけりました。
買ってからもう2週間くらい経つかな?ちらっと目を通しただけで、じっくり読む暇もなく、今日に至ってます。

今回はLauren特集。表紙のLaurenはボクシングのグローブをはめ、リングに立ってて、とてもサッカー選手には見えない...。インタビューでLaurenは自分の育ってきた環境、最近問題のスペインにおけるracism(人種差別行動)などについて語り、そして最後は縁起担ぎについて。

Laurenは寝るとき以外はいつも、試合中も、右足の靴下の中にペセタコインを入れてるんだって。
他にも縁起担ぎはいろいろあるらしく、そのひとつが、夕食のテーブルで塩が必要なとき、誰かから手渡しではもらっちゃダメで、必ず一旦テーブルに置いて、それを取るんだとか。

Laurenも私と同じ、縁起担ぎ者だったとは…。仲間だわっ!
他人には意味不明に思われるけど、縁起担ぎとはそんなものなのよね、Lauren。

その昔、私は大のドラゴンズファンでした。いわゆる「ドラきち」というやつ。(同じ使い方を用いて、今は「ガナきち」)その頃から縁起担ぎは始まりました。
・TV中継をビデオに撮ると負ける。
・車で聞くラジオ中継、チャンネルは絶対CBCラジオ。うっかり東海ラジオを聞くと負けちゃう。仕事で外出するときの移動の車中、上司と一緒でもそれは守りました。
(あんた、仕事中に、しかも上司と一緒に中継なんて聞いとんのか?)
たまに逆ギレしてつい変えちゃうんだよね。でも結局、それによって流れが変わり大逆転!ってことはあまりなかったな。
・ナゴヤドームに観戦に行くときは、必ずナゴヤ球場を拝んでから(一応通り道だったからね)。そのためなら少々時間がかかっても仕方なし。
・観戦には必ずmyメガホン持参。そのために涙を呑んで当日の急な誘いを断ったことも。

まだ他にもあったと思う、忘れちゃったよ。誰かこれ読んで、「あれ忘れてんじゃん。」てのあったら教えてください。

ガナきちとなった今、最近の縁起担ぎは、
・くつは右から履く。
・リビングのカーテンは左側から先に開ける。
・試合当日、眼鏡はダメ。コンタクトレンズで臨む。(もちろん今日もコンタクトレンズ)
・そのコンタクトレンズ、ついつい試合に熱中してくると、まばたきするのを忘れるのか目が乾いてくるんだけど、コンタクトの調子が悪くなると点入れられちゃう。だから最近はパブにも目薬持参。
・いつも行くパブではいつも同じ席に座る。遅れて行って、その席とられてると、非常によくない。
・Highbury前でマッチプログラム買うときはいつも同じ場所で。

今思いつくのは、こんなとこかな。
試合はじまっちゃいました。
続きはまたいつか…。

Freddieとバスケットボール!

おととい、Sheffield Utdと激闘の120分を繰り広げ、劇的な勝利を収めた夜のことです。

興奮が冷めぬまま眠りについた私の夢には、なんとFreddieが現れ、
私たちは、なぜかサッカーではなくバスケットボールの試合をしました。

どんなチームで、他に誰がいたのか、どんな相手との試合だったのか、何ひとつ思い出せないのですが、右サイドにFreddieがいたのだけは、はっきり覚えてます。
しかも彼はフルで出てました。(出させられてました、か)
それに引き換え、この私は残り5分、満を持しての登場。(なんと厚かましいこと)

あんな心身ともに疲れ果てた試合の直後、さらにバスケの試合にまで借り出されるとは...。
Freddie、本当にお疲れさまでした。

ちなみに、今まで私の夢に登場したArsenalの選手、TOP3はたぶん以下のとおり。

第1位 Ashley Cole
第2位 Freddie Ljungberg
第3位 Robert Pires

Ashはかなり頻繁に出てきます。
一緒のバスに乗ってたり、スーパーで一緒に買い物してたり…

まあ、なんとも身勝手な話ですな...。

Good job, Almunia!!

Almuniaがえらいことになりました!

昨日はFAカップ、Sheffield Utdとの再試合。
人員不足のため、こんなの見たことないっていうような不思議な布陣で試合は始まり、
このメンバーじゃ得点は難しいかもね、延長も含め、結局0-0で、PK戦に。

今回の見どころは、ここから。

とにかくうちはAlmuniaだからねぇ...と期待ゼロで臨むも、このAlmuniaがまさかの大活躍!

1人目。
飛んだ方向はよかったけど、ほんの少し手が届かず。
こちらはLaurenが落ち着いて決め、1-1。
2人目。
止めた!止めれるんじゃない。ところがやり直しに。せっかくAlmuniaが止めたのに。
これを決められ、これで終わったかと。
Vieiraは確実に決め、2-2。
3人目。
完璧。また止めたよ。ばっちり止めてるじゃない!どうしちゃったの?
こちらLjungberg。内心ひやひやしたけど、ちゃんと決めてくれた。ひと安心。これで2-3。
4人目。
まさか?! また止めたの?ほんとにほんと?本当にあなた、Almunia?
次、決めれば勝ち。ここでAsh登場。もう怖くてまともにTVを観られない。
でも勇気を出して見届けました。やったぁ、ゴ~ル!

やり直しになった1本を含めると、3本止めたってことだからね。
そんなことができる人だったとは...。

いつか(近々?)Arsenalを去る日が来ようとも、
Almunia、あなたの名前はたぶん私の中にずっと残ることでしょう。

ケガ人続出

やだやだぁ、ついにHenryまで...。
はっきり言って、かなりヤバイです。
ここまでくると、もうどうしてよいのやら...

私があわてふためいたところで、なんともならないのですが。
Wengerも困り果ててることでしょう。

ちょっと整理してみましょう。

・Gilberto (vertebrae)
・Edu (hamstring)
・Campbell (ankle)
・Hoyte (ankle)
・Pires (ankle)
・Henry (achilles)

これに加えて
・Bergkamp (3試合出場停止中)
・Rayes (3試合出場停止中)
・Persie (前回sent off)
・Aliadiere (ケガ明け)


どうでしょう。まだ他に誰かいますか?
それにしても、なんという豪華な顔ぶれ...。

雪も降ってきたし、今日のSheffield戦、いったいどうなることやら...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。