Clock End kitchen blog

いつも心にArsenal。Arsenalとともに過ごす毎日を綴ります。それだけじゃないけど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの"湯~らんどパルとよね"

愛知県豊根(とよね)村。足助町を越えて設楽町とか東栄町とかも超えてそのもっと先にある村。
そこにある温泉施設、"湯~らんどパルとよね"に先週末ぶらり日帰りで行ってきました。

Londonに行く前だから、8年ぶりくらいかなぁ。名古屋から片道3時間以上かかるっていうのによく行ってたんだよね。キャンプやら温泉やら、年2回以上は行ってた気がする。数箇所、新しい道ができたり整備されてたけど、ほとんどは変わらず。懐かしかったな~。

豊根村のその先にもうひとつ、富山(とみやま)村って村があって(現在は豊根村に合併)、そこも好きでホントは行きたかったんだけど、道が通行止になってたこともあって今回は行けなかった。残念。

確かこの富山村って日本一小さい村だったかなんかだったんだよね。すぐ隣りはもう静岡県と長野県。村のはずれ、正確には静岡県に一歩入ったところに大嵐(おおぞれ)駅ってJR飯田線の無人駅があって、しいて言えばそこが唯一の公共交通手段。つまりは豊根村に鉄道は通っておらず、この駅だって右も左もすぐまたトンネル。これぞ、まさに"陸の孤島"だよね。

どっちの村も別に何があるわけでもないんだけど、癒されるっていうの?なんかすごく好きなんだよねぇ。
できれば住みたい。今回も温泉に入りながら、どうやったらここで生計立てつつ住めるかなぁ~って一生懸命考えてた(笑)。

温泉、ヌルヌルで気持ちいいよ。また来よ~っと。

湯~らんどパルとよね
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。